202009→新米ママのメモ帖

COVID-19流行中に妊娠・出産を迎えたけど案外ポジティブ

離乳食というより補完食(2月)

先月までは2月15日から始める予定をたてていたけれどフライングして2月9日からスタート

 

『アレルギーリスクの高い』食品(*1)を初めて与える日を

かかりつけの小児科の診療時間がある日にセット

→月火木金

 

アレルギーリスクの低い食品(*3)は他の内科が開いてればいいからとぶっこみ

→水土など

 

緑黄色野菜(*2)優先で

とりあえずほぼ毎日『初食材』にチャレンジしていった結果

 

(*1)…大豆 ヨーグルト バナナ 蜜柑

(*2)…南瓜 人参 ホウレンソウ ブロッコリー

(*3)…ジャガイモ 大根 玉葱 キャベツ 茄子 トマト 麦茶

 

の15品目クリア!(2月28日時点)

 

単体で食べるのは南瓜や人参など甘みのある野菜やバナナ

ヨーグルトと混ぜたら食べるのはブロッコリーやホウレンソウ

大根など味の薄い野菜は濃いめに溶いた粉ミルクと和えてミルク煮に

 

一日に2~3回食としたおかげでか

自らスプーンを持って口まで運ぶ動きが身についてきた(たまにぶん投げるけど)

 

無理強いはせず一回2~10g(ペースト状)

嫌がるなら「不味いのかな」とすぐ止める

飽きてきたようならさっぱり切り上げる

 

食事の時間に苦手意識を持たれないように

初食材続きでストレスになっているかもしれないといった子供本人の心を慮る

 

ペースト状から始めた離乳食~10倍粥は作りません

離乳食

というか

補完食

として始めたので

米より先に野菜色々食べてる我が子

 

補完食とは?

世界保健機関(WHO)が提唱する赤ちゃんの食事マニュアル

日本でいう離乳食みたいなものだけど

離乳食とはちょっと違う

 

【補完食】で調べると

既に色々解説されてるし

いくらか書籍もあるので

横断的に情報を収集

 

平日の全てを『初食材』に充てて

1日2~3回の補完食を実施中!

 

なかなかハイスピードな進め方に見える?

それもそのはず

 

というのも

保育所が決まった

4月1日付での入所

結構倍率が高い地域で募集人数も少ない所

ダメ元で希望出したら

抽選制だったみたいだけど

運良く受かった

 

保育所で与えられる給食は

家庭で食べたことがあるもののみ

というルールがある

 

4月以降は週一ペースでしか『初食材』与えられないじゃん??

となると

3月までのこの育休期間中にできるだけ多く進めていかねば!

 

そこで

はじめから『1日2回食』を推奨している補完食がぴったりだと気づいた

 

一日一回だけよりもスプーンに慣れるスピードも飲み込む練習も倍速になるし

なにより

実践してみると

ペースト状の野菜を美味しそうに食べる我が子!

やはり

「濃くて美味しい」と食が進むらしい

自らスプーンを持って口に運ぼうとすらする

 

補完食

びっくりするほどサクサク進む

 

未だに10倍粥というものを与えたことがないし与える必要もないだろう

固めのペースト状だとしたたり落ちることもないから服もそれほど汚れないし

 

補完食ラクすぎる!

掃いて捨てるほどある「離乳食」メソッド

こないだの乳幼児健診では

希望者のみ離乳食講座が受けられるとあったけど

健診ですでに1時間経っていたんで

駐車場で旦那が待っていてこれ以上待たせては…というのと

講座会場もなかなか密になってそうな気がしてて

断った

 

離乳食に関するメソッドについては

本にもウェブ上にも

掃いて捨てるほどある

 

【離乳食】で検索するとその多さがよくわかる

その内容もだいたい同じ

特に真新しい情報も無い

 

強いていうなら

 

・開始時期を遅らせれば遅らせるほどアレルギー発症リスクが高まる

・人工乳を与えていると、与えなかった群に比べて牛乳アレルギー発症率が少ない

 

あたりが最新の知見らしい

 

既存の知識をうまくいただいて

現代の道具をうまく利用して

 

そろそろ今月下旬あたりから開始かな?

 

 

 

暖冬すぎる

明後日には立春を迎えるというのに

今日もまたも春のような暖かさ

 

この調子じゃ今年の夏はどんなことになってしまうのかと

杞憂に終わればよいが…

 

昨年の11月から週5で外気浴に

ベビービョルンだっこ紐でおでかけの日々

1月になればさすがに寒くなると思いきや

冬らしい寒さになったのは…何日あっただろう?

雪が降ったのを見たは1日だけ

清潔にしすぎない育児のススメ

度を越した”清潔”は逆効果という記事です。

 

 

2020年以降人々はとにかく

「消毒!」「殺菌!」「除菌!」「抗菌!」

が重視されている。

 

確かに清潔にしておくことは大事だ。

雑菌やウイルスは常にそこらにいるし

外から持ちこんでくるものも

台所やトイレから発生したものも

風邪や病気の原因となりうるから。

 

 

[指定医薬部外品] ビオレu 手指の消毒液【置き型本体】 400ml

[指定医薬部外品] ビオレu 手指の消毒液【置き型本体】 400ml

  • 発売日: 2010/04/26
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

何かするたび・する前後での手洗いの徹底。

とてもよい習慣だと思う。

 

そこまではいいんだけど…

 

なんでもかんでも「消毒」≪しすぎ≫てやしないかね

 

コロナウイルスが気になってあちこち消毒したくなるのもわかるけど、

”持ち込んでさえいなければ”

なんでもかんでも徹底消毒しなくても、と。

 

むしろ生活環境のなかに”雑菌たちが少な過ぎる”ことのほうがデメリットなのではとも思う。

 

われわれの免疫機能は常に働いていて、

ちょっとやそっとの異物は速攻退治・排除してくれる仕組みになっている。

 

日頃から弱小レベルの菌・ウイルスと戦い続けてくれている

のだが、

からだの免疫機能が弱まると

この弱小クラスのやつらにも苦戦して風邪をひいたり病気になったりする。

 

ここで”清潔にしすぎる”と…

からだの免疫細胞たちは

「ガッツリ働かなくていんじゃね?」

と、個々の働きが鈍って、弱まってしまい、

いざ菌・ウイルスの攻撃を受けたとき―――それが弱小レベルだったとしても―――うまく戦えず、

結果として病気になりやすくなってしまうと考えられる。

 

不潔すぎてはもちろんダメだけど

清潔すぎても本来の免疫機能を弱めてしまうリスクもある

ということ。

 

だから”ほどほどに”雑菌に触れさせてあげるのがよい

 

現在の我が家の育児……

ミルクの前後やオムツ換え直後など最低限の手洗いは徹底するけれど

敢えて「しない」こと

・乳房は「消毒しない」

・玩具は「消毒しない」

・食卓は「消毒しない」&「拭きすぎない」

 

皮膚の常在菌まで無くす必要ないし。

子供は行動範囲が広まれば室内の物何でも口に入れるだろうから、今から”弱小レベルの”雑菌等に触れさせていたほうがいいだろう。

食卓には家の中のありとあらゆる雑菌(弱小レベル)が集まるから、これも敢えて生かしておく。

 

外からのウイルスを”持ち込んでさえいなければ”、家の中のものまで過剰に消毒する必要は無いという考え。

 

その代わり、きっちり消毒・隔離・洗浄すべきは

「玄関周り」「靴」「上着」「マスク」「手洗い場(蛇口含む)」「取っ手」

 

メリハリが大事。

【三ヶ月】抜け毛とバストダウン

産後三ヶ月にはよくある現象だそうで

 

抜け毛は

ホルモンバランスの影響で多少

とはいえ事前に聞かされてたほど凄惨たる光景にはならなかった。

毎日タンパク質多めの食事を徹底してたからかな…?

卵に豆腐に納豆にチーズに鶏豚etc.

 

 

バストダウンは

調べてみたら産後三ヶ月以降のからだとしては自然なことらしい

https://www.wacoal.jp/maternity/lesson/sango/bust_3month.html#birthContentObj1

なんだー

じゃあ産直後の人生最大のときの乳房撮っておくんだったー笑

 

 やっぱ専門店の説明わかりやすいわ…

 

 

 

60センチと6キロ

正確な数値はハッキリしないけど

だいたいの

身長60cm

 

出生時の身長49cmから10cm程度伸びた。

伸び率として考えると

22%伸びた(!)

そりゃあ「大きくなった!」と感じるわけだ。

 

 

体重はもうすぐ6キロ。

出生時3kg弱だったのでもう二倍を超えている。

最近だっこが重い。

もっと重くなるのか……

 

ところで

病院の問診票なんかで子の体重を書く欄が

(    )kg

となっていると

誤ってgの単位で書いてしまう人が一定数いるよね

 

つまり

うっかり

(3000)kg

なんて書いてしまおうものなら

 

「3トン」

 

軽トラです。